Go to Contents Go to Navigation

ジンエアーが韓国LCC初の米本土運航 旅客機で貨物輸送

経済 2020.11.02 14:02

【ソウル聯合ニュース】韓国格安航空会社(LCC)のジンエアーは2日、韓国のLCCとして初めて米国本土へ運航したと発表した。同社のボーイング777旅客機がこのほど、ディスプレーなど電子部品類の貨物約23トンを仁川から米ロサンゼルスへ輸送した。

貨物輸送の様子(ジンエアー提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同社は旅客機の下部全体を貨物スペースとする形態で同路線を運航した。貨物需要があれば追加で運航する計画だ。

 新型コロナウイルス流行の影響で航空旅客需要が減少し、LCC各社は遊休旅客機を用いて貨物輸送を拡大している。

 ジンエアーは旅客機を貨物専用機に改造して仁川―タイ・バンコク路線を週2往復運航している。ティーウェイ航空とチェジュ航空は機内の座席に貨物を積んで輸送している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。