Go to Contents Go to Navigation

韓国発の「ベビーシャーク」ダンス映像 ユーチューブ再生回数1位に

記事一覧 2020.11.02 16:44

【ソウル聯合ニュース】韓国のスタートアップ企業「スマートスタディー」が作ったコンテンツ「Baby Shark Dance」の英語バージョンが2日午後、動画投稿サイト「ユーチューブ」で再生回数70億3700万回を突破し、2017年8月からユーチューブトップの座を守ってきたダディー・ヤンキーとルイス・フォンシによる「Despacito」のミュージックビデオを抜いて、童謡としては初めて最も多く再生された動画になった。

童謡「サメのかぞく」のダンス映像の英語バージョンが世界で最も多く再生されたユーチューブ動画になった(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 この動画は、同社が幼児や子ども向けの教育コンテンツ「PINK FONG」(日本名ピンキッツ)で発表した童謡「サメのかぞく」を子どもが英語で歌って踊る映像で、16年6月に公開されて爆発的な人気を呼んだ。

 「サメのかぞく」(Baby Shark)は米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で32位、英オフィシャルチャートのシングルチャートで6位にランクインし、世界的ヒットを記録した。

 スマートスタディーのキム・ミンソク代表は「今後も多彩な知的財産(IP)を開発し、世界のファンに幅広い楽しみを届けたい」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。