Go to Contents Go to Navigation

韓国完成車5社の10月販売 国内増加するも全体では減少

経済 2020.11.02 20:43

【ソウル聯合ニュース】現代自動車、起亜自動車、韓国GM、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の韓国完成車メーカー5社が2日発表した10月の国内・海外販売台数は計70万782台で、前年同月(70万3777台)に比べ減少した。

起亜自動車の「カーニバル」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 国内販売が13万5495台、海外販売が56万5287台。前年同月(国内13万4895台、海外56万8882台)より国内販売は増加したが、海外販売は減少した。新型コロナウイルスの感染再拡大の影響や新車効果などで、メーカーによって明暗が分かれた。

 メーカー別にみると、現代は前年同月比4.2%減の38万5947台を販売した。国内販売は同1.2%増の6万5669台だったが、海外販売は5.2%減の32万278台にとどまった。

 国内では大型セダン「グレンジャー」の販売台数が1万926台を記録し、3月から8カ月連続で1万台を突破した。小型セダン「アバンテ」(8316台)、中型セダン「ソナタ」(5670台)、スポーツタイプ多目的車(SUV)の「パリセード」(6514台)、「サンタフェ」(4003台)、「ツーソン」(3063台)の人気も続いた。

 現代の子会社、起亜は6.1%増の26万5714台だった。国内販売が1.8%増の4万8009台 、海外販売が7.0%増の21万7705台。9月から2カ月連続で国内・海外販売がそろって増加した。

 韓国GMは3万1391台を販売し、4.1%増加した。国内販売が10.5%増の7064台、輸出が2.4%増の2万4327台で、いずれも2カ月連続の増加となった。

 双竜は1万197台を記録した。月間販売台数が1万台を超えたのは4カ月ぶり。国内販売が7612台で5.4%減少したが、輸出は2585台で20.2%増加した。

 ルノーサムスンは49.2%減の7533台(国内7141台、輸出392台)にとどまり、5社のうち唯一、9月に続き国内販売と輸出がともに急減した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。