Go to Contents Go to Navigation

[韓流]「今月の少女」 初のビルボードメインチャート入り=112位

記事一覧 2020.11.03 11:42

【ソウル聯合ニュース】韓国ガールズグループ、今月の少女(LOONA)が先月19日にリリースした3枚目のミニアルバム「Midnight(12:00)」が、米ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」の最新ランキングで初登場112位を記録した。ビルボードが2日(現地時間)、ツイッターで伝えた。

今月の少女(ブロックベリー・クリエイティブ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 今月の少女がビルボードのメインチャート入りしたのは初めて。BoA(ボア)、少女時代、2NE1(トゥエニィワン)、TWICE(トゥワイス)、BLACKPINK(ブラックピンク)に続き、ビルボード200にランクインした6組目の韓国女性アーティストとなった。

 ただ、これらアーティストが大手芸能事務所の所属なのに対し、今月の少女は中小規模の事務所、ブロックベリー・クリエイティブに所属している。同社には今月の少女しか所属アーティストがいない。

 ブロックベリーは、今月の少女が中小芸能事務所に所属するガールズグループとして初のビルボードメインチャート入りを果たし、グローバルな人気を立証したと自評している。

 今月の少女は2018年のデビュー後、世界の音楽市場で着実に成長を遂げてきた。

 昨年、K―POPガールズグループとして初めて米iTunes(アイチューンズ、米アップルのコンテンツ配信サービス)のアルバムチャート、シングルチャートの両方で1位を獲得し、今年初めには「ハッシュ(#)」が57カ国・地域のiTunesのアルバムチャートでトップに立った。

 「Midnight(12:00)」は大手芸能事務所SMエンタテインメントの創業者で総括プロデューサーの李秀満(イ・スマン)氏がプロデュースに加わったアルバムで、タイトル曲「Why Not?」をはじめ全8曲を収録する。リリース後に米国をはじめとする49カ国・地域のiTunesアルバムチャートで1位を記録した。

今月の少女(ブロックベリー・クリエイティブ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。