Go to Contents Go to Navigation

韓国マックを家宅捜索 「ハンバーガー病」巡り=ソウル地検

記事一覧 2020.11.03 15:12

【ソウル聯合ニュース】加熱の不十分なパテを入れたハンバーガーを販売したとの疑惑を巡り、ソウル中央地検は3日、ソウル市内にある韓国マクドナルドのオフィスを家宅捜索した。

マクドナルドの看板(資料写真)=(聯合ニュース)

 九つの市民団体が昨年1月、韓国マクドナルドとパテの納入業者などを食品衛生法違反や業務上過失致傷などの疑いで告発していた。

 韓国マクドナルドは2016年7月、パテの製造業者から腸管出血性大腸菌が検出されたパテが一部の店舗に残っているとの報告を受けたが隠蔽(いんぺい)し、販売した疑いが持たれている。

 娘が加熱の不十分なハンバーガーのパテを食べ、「ハンバーガー病」とも呼ばれる溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症したとして17年7月、親が韓国マクドナルドを食品衛生法違反などの疑いで告訴。その後、同じ症状を訴える人が増え、ハンバーガー病を巡る論争が起きた。

 当時、事件を調べた検察は韓国マクドナルド側の責任を裏付ける証拠が不十分として、18年2月に不起訴処分とし、パテの製造業者の代表ら3人を在宅起訴した。

 捜査の結果を受け、市民団体は韓国マクドナルドを再び告発し、再捜査が行われている。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。