Go to Contents Go to Navigation

韓国外相 来週訪米へ=米大統領選後の朝鮮半島情勢など議論

記事一覧 2020.11.03 16:03

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が8~10日に訪米する見通しだ。両国政府が一致し、詳細を調整している。複数の外交消息筋が明らかにした。

康氏(左)とポンペオ氏=(聯合ニュースTV)

 康氏が8日に韓国を出発し、米東部時間9日に米ワシントンでポンペオ国務長官と会談するとみられる。

 会談は3日の米大統領選後に行われ、北朝鮮の挑発の可能性を確認するなど、朝鮮半島情勢を安定的に管理する方策について協議するとみられる。外交消息筋は「今回の訪米の最も大きな目的は米大統領選という転換期に朝鮮半島の状況と韓米関係を安定的に管理するためのもの」と述べた。

 会談では長期間膠着(こうちゃく)している2020年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担を巡る交渉や北朝鮮との対話再開なども議題になる可能性があるが、大統領選の結果によって変わる見通しだ。バイデン候補が勝利する場合は議論に限界がある。

 康氏の訪米には外交部の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長も同行する。ビーガン国務副長官と会談し、朝鮮半島情勢などについて協議するとみられる。

 新型コロナウイルスの感染拡大後、康氏の海外訪問は3回目となる。8月にドイツ、9月にベトナムを訪れた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。