Go to Contents Go to Navigation

汚染水の海洋放出問題 IAEA活動への合流検討=韓国大統領秘書室長

記事一覧 2020.11.04 14:32

【ソウル聯合ニュース】韓国の盧英敏(ノ・ヨンミン)大統領秘書室長は4日、青瓦台(大統領府)の大統領秘書室などに対する国会運営委員会の国政監査で、東京電力福島第1原発の処理済み汚染水(日本政府の名称は「処理水」)の海洋放出問題について、「日本も国際的な信頼を得るため、国際原子力機関(IAEA)など国際機関に(安全性の検証を行うための)参加を要請すると思う」として、「参加団にわれわれの代表が合流することを検討している」と述べた。

国政監査で発言する盧氏=4日、ソウル(聯合ニュース)

 また、「政府は一貫して透明な情報公開や国際社会との協議、十分な意思疎通(の必要性)を機会があるたびに日本と国際社会に伝えた」とし、「青瓦台内にもタスクフォース(TF、作業部会)があり、対策を講じている」と明らかにした。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。