Go to Contents Go to Navigation

韓国首相「支援金の再給付より防疫に集中」

記事一覧 2020.11.04 20:56

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は4日の国会予算決算特別委員会で、新型コロナウイルス対策として来年2月の旧正月までに災害支援金を再給付する案に対する考えを問われ、今は支援金の給付よりも防疫を成功させ、景気回復に集中すべきだとの認識を示した。

国会予算決算特別委員会で2021年度(1~12月)予算案について説明する丁首相=4日、ソウル(聯合ニュース)

 丁首相は国民が苦労していることは承知しているが、支援金の給付を議論するよりも新型コロナの治療薬やワクチンが早期に開発され、自営業者や国民の苦痛が解消されるのが先と指摘した。

 また現時点で政府が取るべき姿勢は、防疫を成功させ、停滞した経済を活性化する努力を積極的に推進することだと説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。