Go to Contents Go to Navigation

検温用の熱感知カメラ 顔撮影映像の保存禁止=韓国

記事一覧 2020.11.05 15:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の個人情報保護委員会は5日、顔の撮影機能を持つ熱感知カメラの運用に関し、顔を撮影した映像の保存を禁じる内容の個人情報保護ルールを施行すると発表した。新型コロナウイルスの感染対策として用いられている熱感知カメラによる個人情報の過剰収集や誤用・濫用を防ぐことが狙い。

顔認識機能を持つ熱感知カメラ(資料写真)=(聯合ニュース)

 体温測定機能のある熱感知カメラのうち、顔のライブ撮影機能を持ち個人の識別が可能な機種が適用対象となる。公共・民間施設にこうした熱感知カメラを設置する機関や事業者は、発熱の有無を確認する目的でのみ一時的に撮影を行い、撮影した映像の保存・転送機能は切っておかねばならない。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。