Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BLACKPINK 素手でパンダに触れ中国から非難殺到

記事一覧 2020.11.06 15:43

【北京聯合ニュース】韓国の人気ガールズグループ、BLACKPINK(ブラックピンク)が番組のロケで訪れたテーマパークでパンダと触れ合った際の行動が中国で非難を浴びている。

パンダを抱くBLACKPINKのメンバー(環球時報より)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 6日の中国共産党機関紙・人民日報系「環球時報」によると、BLACKPINKのメンバーがソウル近郊のテーマパーク、エバーランドで、濃いメークをしたままマスクや手袋をせずにパンダに触れる場面があったことに対し中国のネットユーザーの非難が殺到している。

 BLACKPINKの行動が中国の国宝と呼ばれるパンダの健康に危険を及ぼしかねないという理由からだ。パンダは海外で生まれても一定の期間がすぎると中国に返還しなければならない。BLACKPINKはこのときのロケで、韓国で初となる自然繁殖で生まれた「福宝(フーバオ)」にも会っている。

 中国のネットユーザーはBLACKPINKに犬を飼っているメンバーがいるとも指摘した。これについてパンダの専門家は犬ジステンパーという感染症をうつす恐れがあるとして「家で犬を飼っている人はパンダにとって危険だ」と述べた。

 あるネットユーザーは「BLACKPINKや番組制作者、パンダの管理者を含め関連者全員に責任がある。福宝は幼いため免疫力が弱い。 BLACKPINKのメンバーが知らなかったとしてもなぜほかの人は教えてあげなかったのか」と指摘した。

 現地の多くのネットユーザーは韓国の動物園がパンダにさらに気を配り、パンダと人の接触を減らすべきだと求めている。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。