Go to Contents Go to Navigation

駐韓日本大使「対話の環境作りが先」 菅首相の訪韓巡り

記事一覧 2020.11.06 19:07

【済州聯合ニュース】冨田浩司・駐韓日本大使は6日、韓国が年内開催を目指す韓中日首脳会談に菅義偉首相が出席する可能性について、首脳会談の日程が具体的に決まっていないものと承知しているとし、韓日首脳による対話が可能になる環境作りが先に行われなければならないとの考えを示した。南部・済州島で開催中の「済州フォーラム」(5~7日)のセッションで述べた。

フォーラムで発言する冨田氏(中央、済州フォーラム事務局提供)=6日、済州(聯合ニュース)

 冨田氏は、両国の首脳が会談した場合の国民感情がどのようなものなのか考える必要があるとし、両首脳が両国の国民のさまざまな質問にどのように対応するのか両国の努力によって答えを探さなければならないだろうと述べた。

 また対話が可能な環境が作られなければならないとし、どのような首脳会談でも成功させるためには環境が重要だと強調した。

 冨田氏の発言は、韓国大法院(最高裁)が日本企業に強制徴用被害者への賠償を命じる判決を出した問題が解決されない限り、菅首相が訪韓して韓中日首脳会談に参加するのは難しいとの見解を示したものと受け止められる。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。