Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の都市化率62.4% 韓国を19ポイント下回る=国連報告書

北朝鮮 2020.11.10 14:51

【ソウル聯合ニュース】世界の都市化や居住問題に取り組む国連機関、国連人間居住計画(ハビタット)が10日公表した報告書によると、北朝鮮の都市部に居住する人口は2020年現在1612万人で、都市化率(都市人口比率)は62.4%と推計された。韓国の都市化率(81.4%)を19ポイント下回る。

マスク姿の平壌市民=(北朝鮮・労働新聞=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 東アジアで北朝鮮よりも都市化率の低い国は中国(61.4%、香港・マカオ除く)だけだった。ただ、北朝鮮の都市化率は世界平均(56.2%)、アジア平均(51.1%)、低所得国の平均(33.2%)よりは高い。

 北朝鮮の都市化率が低いのは、当局による統制のためと分析される。北朝鮮住民には居住・移転の自由がなく、当局が定めた場所に住むことになる。特に首都・平壌の居住に関する規定は非常に厳しいとされている。

 報告書は、北朝鮮の都市人口が25年までの5年間に0.85%ずつ、25~30年には0.83%ずつ増加すると予測した。これに基づくと、都市人口は25年に1681万6000人(総人口の63.8%)、30年に1753万1000人(同65.6%)に増える見通しだ。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。