Go to Contents Go to Navigation

韓国情報機関トップ「文大統領の関係正常化への意思伝えた」 菅氏と会談 

記事一覧 2020.11.10 21:08

【東京聯合ニュース】韓国情報機関・国家情報院の朴智元(パク・チウォン)院長が10日午後、東京都内の首相官邸で日本の菅義偉首相と会談し、韓日関係の改善が必要という文在寅(ムン・ジェイン)大統領の考えを伝えた。

朴智元氏(左)と菅義偉氏=(共同通信=聯合ニュース)

 日本メディアの報道によると、朴氏と菅首相は約25分会談し、徴用賠償問題や年末に韓国で開かれる予定の韓中日3カ国首脳会談などについて協議した。

 会談後、朴氏は記者団に対し、「文大統領の丁重なあいさつと、韓日関係の正常化に対する意思を伝達し、対北朝鮮問題などについて良い意見を聞き、私も十分に申し上げた」と説明した。

 徴用賠償問題については、「十分に(立場を)伝え、どのようになろうとも、韓日の首脳が解決しなければならないという必要性について一致し、対話を続ければうまくいくと思われる」と述べた。

 また今回は文大統領の親書はなく、文大統領の意思を口頭で伝えたと説明した。

 菅首相については、「とても親切に良い説明を多くした」とし、会談の雰囲気を伝えた。

 また菅首相の著書「政治家の覚悟」を国家情報院で翻訳して読んだと説明したところ、菅首相が本にサインをしてくれたと紹介した。

 会談には、北村滋国家安全保障局長、滝沢裕昭内閣情報官、外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長など日本政府の関係者が同席した。

 菅政権発足後、韓国の政府高官が訪日したのは朴氏が初めてで、韓国政府の高官のうち、菅首相と面談したのも朴氏が初めて。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。