Go to Contents Go to Navigation

非武装地帯「平和の道」一部区間 28日から運営再開

記事一覧 2020.11.11 09:45

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は11日、昨年9月に中断した「DMZ平和の道」の坡州コースの運営を28日から再開すると発表した。

「DMZ平和の道」の坡州コース(韓国政府提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 「平和の道」は昨年、韓国と北朝鮮を隔てる非武装地帯(DMZ)周辺の京畿道・坡州、江原道の鉄原と高城の3地域に整備されたが、致死率が極めて高い豚の伝染病、アフリカ豚コレラの感染拡大を防ぐため同年9月に坡州と鉄原、10月に高城のコースの運営が中断された。

 坡州コースは臨津閣を出発し、臨津江沿いの生態探訪路、都羅展望台、撤去監視所(GP)などを回る。参加申し込みは今月13日から韓国観光公社「DMZ平和の道」のホームページ(www.dmzwalk.com)または行政安全部の「DMZIGI」のホームページ(www.dmz.go.kr)で受け付ける。

 新型コロナウイルスの感染防止のため募集人員は1回当たり20人から10人に減らし、マスク着用、2メートル以上の距離確保など参加者の防疫規則も設けた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。