Go to Contents Go to Navigation

韓国首相が「バイデン時代精神」に言及 大統領選挑戦を示唆

政治 2020.11.11 13:36

【世宗聯合ニュース】2022年韓国大統領選の与党陣営の潜在的な候補と目される丁世均(チョン・セギュン)首相が、民主党のバイデン前副大統領の勝利に終わった米大統領選を巡り「時代精神は統合と実用だ」と発言したことが注目を集めている。政界では、丁氏が「バイデン時代精神」に言及したこと自体が、大統領選への挑戦を遠回しに示唆したものだとの見方が出ている。

10日、就任300日を迎え記者会見する丁世均首相=(聯合ニュース)

 丁氏は10日、就任300日に合わせて開いた記者会見で、自身が大統領選候補として取り沙汰されていることについて、「他のことを考えるより、今私に与えられた責務を果たすことに集中している」として即答を避けた。

 一方で、バイデン氏の勝利の理由に言及。「米国の国民がバイデン氏を選んだ時代精神に注目する必要がある」と指摘し、「米国民は分裂や不安定、対決と反目を拒み、癒やしと統合、実用と包容の道を提示したバイデン氏を次期大統領に選んだ。それが時代精神だ」と強調した。

 また「バイデン氏は品格を備えた政治家。安定感もあり経験が豊富で、包容の政治ができる人」だとし、「そうした部分はわれわれに示唆するところも非常に大きい」と述べた。

 丁氏が分析した「バイデン時代精神」と、丁氏の政治的な目標の間に一致する部分が少なくないことから、丁氏がバイデン氏に絡めて自身の強みをアピールしたものとの見方が出ている。

 丁氏は普段から統合・実用のリーダーシップを強調し、首相就任と同時に「統合の首相」「経済の首相」になると宣言した。また、紳士的な政治活動を行った国会議員に贈られる白峰紳士賞を15回受賞している。

 丁氏は国会議員を6期務め、国会議長も経験した。バイデン氏も上院議員を6期務め、副大統領として上院議長を兼務した経歴を持ち、両氏には共通点がある。

 政界の関係者は「丁氏は大統領選への挑戦を表明していないが、『バイデン時代精神』に自身が合致する点を明確にすることで、事実上、自身が次期大統領の時代精神だということを強調したのでは」と話している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。