Go to Contents Go to Navigation

宮中料理を体験できるイベント ソウル・景福宮で18日から

社会・文化 2020.11.12 12:35

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル中心部にある朝鮮王朝時代の王宮、景福宮で宮中料理を体験できるイベントが18日から23日まで開催される。

景福宮で宮中料理を体験できるイベントが18日から23日まで開催される(文化財庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 イベントは景福宮の焼厨房で午後6時からと7時からの1日2回行われ、朝鮮王朝時代の文献に調理法が記録されているおかゆ、朝鮮王室の冬の滋養食だった「煎薬」、ツルニンジンの揚げ物、そば粉で作った生地に味付けした大根を包んだ「ビントク」などの料理が出される。

 また、18、23日に「朝鮮時代の歳時風俗と色の話」、19、22日に「焼厨房ではどんな料理を作ったか」、20、21日に「焼厨房の料理は誰が作ったか」をテーマに、専門家による解説も行われる。

 各回の定員は20人で、参加費は1万6000ウォン(約1500円)。13日午後2時から、予約サイトのオークションチケット(http://ticket.auction.co.kr)で予約を受け付ける。

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。