Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏の動静 3週間報道なし=韓国当局「特に意味を与えず」

北朝鮮 2020.11.12 13:34

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の活動が20日以上にわたり報じられていないことについて、韓国統一部の当局者は12日、「これまでも動静が20日間以上公開されなかったことは何度かあるため、これに特別な意味を付与しない」と述べた。報道陣から韓国政府の分析を問われて答えた。

10月に中国人民志願軍の烈士陵園を参拝した金委員長=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 金委員長の動静は、中国の朝鮮戦争参戦70年に合わせて中国人民志願軍の烈士陵園を訪れたと先月22日に報じられたのが最後だ。

 ただ、4月にもしばらく姿を見せず、健康など身辺上の問題が生じた可能性について大きく取り沙汰されたことがあった。その後、何事もなかったかのように活動を再開している。

 一方、北朝鮮が米大統領選の結果に関する反応をまだ示していないことに対し、この当局者は「北が沈黙を守っているのは事実だ」と述べ、北朝鮮の対応を見守る姿勢を示した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。