Go to Contents Go to Navigation

「中国人客がここ数年急増」と宣伝 中朝親善を誇示か=北朝鮮

北朝鮮 2020.11.12 13:50

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の旅行会社、国際青少年旅行社は12日、国家観光総局が運営するウェブサイト「朝鮮観光」への掲載文で、「わが国を訪れる中国人観光客がここ数年急増した」と宣伝し、「多くの中国人客が朝中(中朝)の親善の歴史を感慨深く振り返り、観光を続けた」と伝えた。ただ、具体的な訪朝中国人客数は示さなかった。

北朝鮮の朝鮮中央通信は10月、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が中国人民志願軍烈士陵園を参拝したと報じた=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 新型コロナウイルス対策として国境を封鎖している北朝鮮がこうした文章を掲載した背景には、朝鮮戦争から70年を迎え、中朝の親善関係を誇示する狙いがあるようだ。

 同社は、中国人客が主に中国人民志願軍の朝鮮戦争参戦をたたえる平壌の友誼(ゆうぎ)塔、中部・平安南道檜倉郡にある中国人民志願軍烈士陵園などを訪れたと説明している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。