Go to Contents Go to Navigation

韓国の与野党国会議員 きょう菅首相と面会=関係改善模索へ

韓日関係 2020.11.13 08:34

【東京聯合ニュース】日本を訪問している韓国の超党派の国会議員でつくる韓日議員連盟の金振杓(キム・ジンピョ)会長らが13日午後、菅義偉首相と面会する。菅首相が就任後、韓国の議員と会うのは初めてで、最大の懸案となっている徴用問題について包括的な意見交換があるか注目される。ただ、同問題を巡っては基本的な認識の差が大きく、踏み込んだ議論に進むことは困難とみられる。

金氏(右)と菅氏=(共同=聯合ニュース)

 面会には訪日中の7人のうち、一部が出席する。南官杓(ナム・グァンピョ)駐日大使が同席するもようだ。

 金氏は12日に開かれた日韓議員連盟との合同幹事会で、「両国国民間の理解を深めて不信を和らげ、両国の首脳が懸案を解決するうえで役立つ環境づくりこそ政界のすべきこと」と語った。来年に開催予定の東京五輪とパラリンピックを成功させるため、両議員連盟が特別委員会を設置することで合意しており、菅首相との面会で交流・協力の拡大についても議論するとみられる。

 両国関係が国交正常化以来、「過去最悪」と言われている中、外交当局は今回の面会が関係改善のきっかけになるか注視している。

 10日には韓国情報機関・国家情報院の朴智元(パク・チウォン)院長が菅首相と面会し、両国関係や北朝鮮政策、韓中日3カ国首脳会談、北朝鮮による拉致問題などについて議論した。

kimchiboxs@yna.co.kr

最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。