Go to Contents Go to Navigation

「転換の時期に慎重な対処を」 北朝鮮に再度強調=韓国統一部

北朝鮮 2020.11.13 13:50

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部のチョ・へシル副報道官は13日の定例会見で、米大統領選を経て情勢の流動性が高まっているとしながら、「北(北朝鮮)側が慎重かつ賢明に、また柔軟に転換の時期に対処することを期待する」との立場を重ねて強調した。

韓国統一部のチョ・へシル副報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国政府と与党は北朝鮮に対し、挑発行為を行わないよう求めるメッセージを相次いで発している。李仁栄(イ・イニョン)統一部長官は9日の記者懇談会で、「北側が慎重かつ賢明に、そして柔軟に転換の時期に対処することを期待する」と言及。与党「共に民主党」の金太年(キム・テニョン)院内代表は12日の党政策調整会議で「米国の政権交代時期に乗じた、誤った判断による挑発と偶発的な行動を自制することを強く勧告する」と述べた。

 統一部は一方、米大統領選で民主党のバイデン前副大統領の当選が確実となった中、北朝鮮が反応を示していないことに関し、北朝鮮では過去の米大統領選で落選者が敗北を受け入れ、勝敗が確定してから報道が出た事例もあるとして、「中国やロシアなど周辺国の動向も多角的に見極めながら北の反応を注視していく」と説明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。