Go to Contents Go to Navigation

韓国与野党議員 菅首相と面会し「懸案解決の環境づくり進める」 

韓日関係 2020.11.13 20:17

【東京聯合ニュース】韓国の超党派の国会議員でつくる韓日議員連盟の金振杓(キム・ジンピョ)会長らが13日、東京都内の首相官邸で日本の菅義偉首相と面会した。金氏らは韓日関係を改善するための環境づくりを進める意思を表明し、菅氏はこれを歓迎し期待感を示したものの徴用賠償問題を巡る立場については変化が見られなかった。

金氏(右)と菅氏=(共同=聯合ニュース)

 金氏は面会後、記者団に対し、「東京五輪を機に両国の交流協力を韓日議員連盟が中心となって熱心に進め、両国の指導者が難しい懸案を妥結するための環境づくりに励むという話を(菅首相に)した」と説明した。

 これに対して菅氏は謝意を示し、そのような努力をしてほしいという趣旨の反応を示したという。

 面会に同席した日韓議員連盟の額賀福志郎会長(自民党)によると、菅氏は両国の関係が難しい環境にあり、これを改善しようと考えているが、韓国側が環境づくりのための考えを提示してほしいなどと述べたという。

 額賀氏はまた、菅氏が徴用賠償問題に関連し、両国の議員外交が関係改善のための環境づくりに貢献することを期待すると発言したと紹介した。

 菅氏の発言は、韓日関係の改善に向けた意思の表明ではあるものの、徴用賠償問題の解決策については韓国が提示すべきとする認識を改めて示したものと受け止められる。

 韓日議員連盟の日本訪問を機に両国の国会が徴用賠償問題や日本の対韓輸出規制などで冷え込んだ関係を改善するための懸け橋の役割を担うことができるのか注目される。

 韓日議連の一行7人は12日に日本を訪問。自民党の二階俊博幹事長、公明党の山口那津男代表、立憲民主党の枝野幸男代表など日本の政界関係者と面会し、韓日関係の改善策について意見交換した。

 これに先立ち10日には韓国情報機関・国家情報院の朴智元(パク・チウォン)院長が菅氏と面会し、両国関係や北朝鮮政策、韓中日3カ国首脳会談、北朝鮮による拉致問題などについて議論するなど、菅政権発足を機に両国の政界や当局間の人的交流が活発化する様相を呈している。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。