Go to Contents Go to Navigation

今月末にも3~4人の閣僚交代 外相らは留任へ=韓国

記事一覧 2020.11.16 18:05

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月末にも保険福祉部長官と雇用労働部長官、女性家族部長官ら3~4人の閣僚の交代を検討していることが16日、分かった。政権発足時に起用した康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と金賢美(キム・ヒョンミ)国土交通部長官は留任する方向を固めた。複数の与党関係者が明らかにした。

韓国版ニューディール戦略会議で発言する文大統領=16日、ソウル(聯合ニュース)

 11月末か12月初旬に小幅な内閣改造を行う予定で、政局などを踏まえ、来年初めまでに2回目の内閣改造を実施する方針という。

 康氏らについては「今は交代のタイミングではない」と判断しているもようだ。康氏は来年1月20日のバイデン米政権の発足を控えていることが留任の背景にあるとみられる。金氏の場合、一貫性のある不増産政策の推進が必要と判断したもようだ。

 旧日本軍の慰安婦問題などを担当する女性家族部の李貞玉(イ・ジョンオク)長官はたび重なる失言などを受け、交代を決めたとみられる。

 文大統領は年末か来年初めの2回目の内閣改造と青瓦台(大統領)高官の交代で任期後半の政権の陣容を固めるとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。