Go to Contents Go to Navigation

韓国仏教行事「燃燈会」 ユネスコ無形遺産登録へ

記事一覧 2020.11.17 10:09

【ソウル聯合ニュース】韓国文化財庁は17日、仏教行事「燃燈会」について国連教育科学文化機関(ユネスコ)の評価機関が無形文化遺産に登録するよう勧告したと発表した。登録勧告が覆ることはほぼないため、12月14~19日に開催されるユネスコ政府間委員会で正式に登録が決まる。

仏教行事「燃燈会」(文化財庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 「燃燈会」は旧暦4月8日に釈迦の生誕を祝う仏教行事として行われ、真理の光で世を照らし差別のない豊かな世の中を作るという意味が込められている。

 韓国のユネスコ無形文化遺産は、宗廟祭礼や宗廟祭礼楽、伝統民俗芸能のパンソリ、江陵端午祭など20件に上る。

燃燈会の準備の様子(文化財庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。