Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 1週間で新型コロナ疑い805人増=WHO

北朝鮮 2020.11.17 12:15

【ソウル聯合ニュース】世界保健機関(WHO)が17日公表した報告書によると、北朝鮮で新型コロナウイルス感染が疑われる人は10月29日時点で6173人で、1週間前の22日までに確認された5368人に比べ805人増えた。

北朝鮮での消毒作業の様子=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 10月22日から29日までに新たに隔離された人は174人で、隔離された人の累計は3万2182人に上る。

 PCR検査を受けた人は累計1万2072人で、今月5日の時点まで感染者は1人も報告されていないとWHOは伝えている。

 北朝鮮は新型コロナ感染者を「ゼロ」としているが、防疫の手綱を引き締めている。

 今月2日現在、地域間の移動制限を継続しており、マスク着用も義務付けている。15日に開いた朝鮮労働党の政治局拡大会議では、国家非常防疫体系の補強問題を議論した。

 金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(党委員長)は会議で「超緊張状態を堅持して完璧な封鎖障壁を構築し、非常防疫戦をより強力に行っていくこと」を指示した。

tnak51@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。