Go to Contents Go to Navigation

WTO事務局長選 韓国高官が撤退否定=「主要国と協議」

政治 2020.11.17 12:35

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長は17日、立候補している世界貿易機関(WTO)事務局長選から撤退する意向がないことを示唆した。

兪明希氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 兪氏は出演したラジオ番組で、候補から辞退する可能性が取り沙汰されていることに関し、「辞退は第1ラウンド、第2ラウンドで次の段階に進出する候補を決定するときに行うもので、第3ラウンドは最終候補を対象にコンセンサス(合意)を形成するプロセスだ」と述べて事実上、撤退を否定した。また、建設的な協議をするため、合意形成には予想よりも時間がかかるとの見方を示した。

 当選の可能性を問われると、「主要国と協議しながらコンセンサス形成プロセスに加わる」と述べるにとどめた。

 WTO事務局長選で、兪氏はナイジェリアのオコンジョイウェアラ元財務相とともに最終候補に残ったが、加盟国を対象にした調査でオコンジョイウェアラ氏がより多くの支持を集めた。

 これを受けてWTOはオコンジョイウェアラ氏を事務局長に選出しようとしたが、米国が反対を表明し、決着がついていない。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。