Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮でも「距離確保」 劇場で間隔空けて着席

北朝鮮 2020.11.17 16:52

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染防止を連日強調している北朝鮮で、劇場でも「社会的距離」を意識して観客が1席ずつ間隔を空けて着席する様子が捉えられた。

「母の日」を迎え公演が行われた平壌の劇場。観客は1席ずつ空けて座っている=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 北朝鮮の朝鮮中央通信が17日に公開した「母の日」の16日に行われた芸術公演の写真を見ると、三池淵管弦楽団が公演した平壌の三池淵劇場では1階席、2階席の観客がいずれも1席ずつ空けて座った。また、平壌サーカス劇場では中央の客席に間隔を空けて着席させ、両サイドの席には観客を入れなかった。

 こうした様子は、わずか1カ月前の朝鮮労働党創建75周年記念行事の時とは全く異なる。

 金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(党委員長)が10月11日、平壌のメーデースタジアムで大規模な集団体操(マスゲーム)と芸術公演を観覧した際には、後ろの客席が人でぎっしりと埋まっていた。客席の人々はマスクを着けていたものの距離を取っておらず、数千人が動いて完成させるマスゲームの特性から新型コロナ感染を懸念する声も出ていた。

 マスゲームは当初、10月末まで続けられる予定だったが、11日の初公演後に休止されたようだ。その正確な理由は明らかになっていないが、新型コロナの防疫も要因に挙げられた。

 北朝鮮は現在に至るまで新型コロナの感染者は1人もいないとの立場を貫いているが、最近になって防疫を一段と強化している。

 金委員長は今月15日に開いた党政治局拡大会議で「超緊張状態を堅持して完璧な封鎖障壁を構築し、非常防疫戦をより強力に行っていくこと」を指示した。

「母の日」を迎え公演が行われた平壌の劇場。観客は1席ずつ空けて座っている=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
10月11日、朝鮮労働党創建75周年記念のマスゲームと芸術公演を観覧し、拍手を贈られる金委員長。客席は人で埋まっている=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

tnak51@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。