Go to Contents Go to Navigation

文大統領 バイオ産業への全面支援約束=国産化も後押し

政治 2020.11.18 14:44

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日、世界的なバイオクラスター(集積地)への成長を目指す西部の仁川市・松島にある延世大グローバルキャンパスを訪問し、バイオ産業に対する全面的な支援を約束した。システムLSI(大規模集積回路)、未来の車とともに3大重点産業として育成することを表明したバイオ産業を新成長エンジンにする考えを改めて示し、バイオ産業の発展を積極的に後押しする狙いだ。

延世大グローバルキャンパスであいさつする文大統領=18日、仁川(聯合ニュース)

 青瓦台(大統領府)によると、文大統領が松島を訪れたのは、多数の大学と研究機関のほか、セルトリオンとサムスンバイオロジクスという韓国を代表するバイオ企業が拠点を置いているためだ。

 松島訪問には洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官や成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官、崔起栄(チェ・ギヨン)科学技術情報通信部長官らが同行し、バイオ産業の発展計画などを発表した。

 文大統領は企業の投資成果が産業と国全体に波及するためにはバイオ関連素材・部品の国産化、中核人材の供給などで政府の役割が重要だとの認識を示した上で、積極的に支援する方針を強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。