Go to Contents Go to Navigation

韓国の健康保険公団 たばこ会社相手の損賠訴訟で一審敗訴

社会・文化 2020.11.20 11:35

【ソウル聯合ニュース】韓国の国民健康保険公団が国内外のたばこ会社3社を相手取り、喫煙が原因で生じた損失を賠償するよう求めた訴訟で、ソウル中央地裁は20日、原告敗訴の判決を言い渡した。

たばこの看板(資料写真)=(聯合ニュース)

 健康保険公団は2014年4月、KT&G、フィリップ・モリス・コリア、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)コリアの大手3社を相手取り、総額500億ウォン(約46億6000万円)余りの賠償を求める訴訟を起こした。

 請求額は喫煙との因果関係が高い一部の肺がん、喉頭がんの患者のうち、20年間にわたり1日1箱以上のたばこを吸い、喫煙期間が30年を超える人に対し、健康保険公団が03~13年に診療費として負担した金額だった。

 地裁はこれに対し、「被告の違法行為により発生したものではなく、健康保険加入による保険関係によって支出されたものにすぎない」と指摘。また、たばこと病気の因果関係について「生活習慣や遺伝、環境など喫煙以外の要因によって発病する可能性を排除できない」とした。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。