Go to Contents Go to Navigation

防疫対策レベル引き上げ 板門店見学ツアーは「継続」=韓国統一部

社会・文化 2020.11.24 13:26

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は24日、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大している首都圏で防疫対策「社会的距離の確保」のレベルが第2段階に引き上げられたことに対し、南北軍事境界線がある板門店の見学ツアーはこれまで通り実施すると明らかにした。

板門店の見学ツアーの様子(写真共同取材団)=(聯合ニュース)

 統一部の当局者は報道陣に対し、強化された防疫指針に従って防疫規則を順守した上で板門店見学を実施すると述べた。現在のところ見学人数やコースの調整は検討されていないという。

 統一部は4日、アフリカ豚コレラ(ASF)と新型コロナの防疫措置として中止していた板門店の見学ツアーを約1年ぶりに再開。感染拡大防止のため、見学回数と人数はこれまでの約半分となる1日2回、1回40人に減らした。

 当局者は、見学コースのうち軍事停戦委員会の本会議室(T2)は室内のため2組に分かれて入ることになると説明した。

 一方で「社会的距離の確保(のレベル)がさらに引き上げられ、(最も高い)第3段階になれば板門店見学を中止する予定だ」と明らかにした。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。