Go to Contents Go to Navigation

米国務長官候補にブリンケン氏 「朝鮮半島問題への理解深い」=韓国外交部

記事一覧 2020.11.24 16:54

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の崔泳杉(チェ・ヨンサム)報道官は24日の定例会見で、米バイデン次期政権の国務長官候補にブリンケン元国務副長官が指名されたことについて、「外交分野で豊富な経験と専門性を持っており、朝鮮半島問題などに対しても理解が深い人物」として、「次期政権でも強固な韓米同盟が一層発展していくことを期待しており、(ブリンケン氏らと)協力していく」と述べた。

国務副長官時代のブリンケン氏=(AFP=聯合ニュース)

 ブリンケン氏は2009年から12年まで当時のバイデン副大統領の国家安全保障担当補佐官を務め、15年から17年まで国務副長官として北朝鮮の核問題への対応などを担当した。

 朝鮮半島問題を巡ってはインタビューや寄稿などを通じ、オバマ政権で締結されたイランとの核合意のような解決策を北朝鮮にも適用できるとの考えを示した。段階別のアプローチと制裁強化、国際連携といったイラン式の解決策はトランプ政権が推進してきた方法と異なるため、韓国政府の期待には及ばない可能性があるとの見方がある。

 これに対し、外交部当局者は「ある発言に基づいて予断したり、仮定を懸念したりしない」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。