Go to Contents Go to Navigation

文大統領 26日に王毅氏と面会=習主席訪韓と韓中日会談に言及か

記事一覧 2020.11.25 13:43

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が26日午後に青瓦台(大統領府)で中国の王毅国務委員兼外相と面会する。青瓦台が25日、発表した。この面会では、中国の習近平国家主席の訪韓を含む韓中日首脳会談の開催問題や朝鮮半島情勢、米中関係など、韓中間の主要懸案が取り上げられる見通しだ。

昨年12月5日、文大統領(右)を表敬した王氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 王氏は24日からの日本訪問を終えて25日夕に韓国入りし、27日まで滞在する。

 文大統領が王氏を青瓦台に迎えるのは昨年12月以来、約1年ぶり。

 習主席の訪韓について、韓中は新型コロナウイルスの状況が落ち着き次第、早期に実現する方針で一致しており、中国は年内訪問を目指している。文大統領は王氏と、習主席の訪韓を機にした韓中日首脳会談の開催に向けても意見を交わすとみられる。だが、韓国で新型コロナウイルス感染が再拡大しており、現時点で実現は見通せない。

 また、来年1月のバイデン米政権の発足を控え、王氏が米中間の懸案に関する中国の立場を文大統領に説明する可能性がある。この先も米中対立が続くと予想される中、バイデン次期政権は同盟国との関係を強化する構えだ。

 一方の中国は韓国に対し、新型コロナウイルス対応と経済面での協力の重要性を強調している。今回の王氏の韓日訪問自体が、米新政権をにらんだ動きともいえる。

 文大統領と王氏は朝鮮半島の状況についても認識を共有し、朝鮮半島の非核化と平和体制構築に向けた方策を話し合う見通しだ。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。