Go to Contents Go to Navigation

韓国軍部隊で訓練兵60人がコロナ感染 過去最大規模

社会・文化 2020.11.25 21:05

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は25日、ソウル北方の京畿道・漣川にある陸軍の新兵教育隊で、10日に入隊した訓練兵60人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。

集団感染が発生した漣川にある陸軍の新兵教育隊=25日、漣川(聯合ニュース)

 入隊時に受けたウイルス検査で陰性だった訓練兵1人に新型コロナの症状が出て改めて検査を行ったところ、25日午前に感染が確認された。

 これを受け同部隊の兵士を対象に検査を実施。25日午後5時50分時点で約860人分の検査結果が出て、訓練兵59人が感染していることが確認された。

 韓国軍内で発生した集団感染のうち、60人はこれまでで最も規模が大きい。

 同部隊には将兵と訓練兵が計約1100人おり、感染者がさらに増える可能性もある。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。