Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜のEV輸出 1~10月に9万8505台=前年比7割増

記事一覧 2020.11.26 09:35

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車と傘下の起亜自動車が1~10月に輸出した電気自動車(EV)は累計9万8505台で、前年同期比71.3%急増した。現代・起亜が26日、伝えた。

起亜のEV「ニロ」(資料写真、現代・起亜提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 車名別にみると、現代「コナ」が4万1384台で最も多い。前年同期比53.7%増加した。起亜「ニロ」が約3.1倍の3万8299台、起亜「ソウル」が50.4%増の8244台。

 現代「アイオニック」は17.2%減の1万578台にとどまった。来年の新型車発売を控え、海外販売が減少したようだ。

現代はEV専用ブランド「アイオニック」のキャンペーンを展開している(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 EV輸出が伸びた背景として、欧州連合(EU)で環境規制が強化され、EV需要が増えたことが挙げられる。韓国自動車産業協会の統計では、今年韓国からEUに輸出されたEVは7万2392台で、自動車輸出全体の70.3%を占めた。

 EV情報サイトの米EV Salesによると、7~9月期の世界EV市場で現代・起亜のシェアは7%だった。テスラ、フォルクスワーゲン(VW)、ルノー・日産・三菱連合、上海汽車集団(SAIC)に次いで5位。

 現代・起亜は来年から、EV専用プラットホーム(車台)を採用したEVを発売する。「アイオニック5」のほか、現代の高級ブランド「ジェネシス」と起亜もそれぞれ新車発売を予定している。

 ただ、今年のような伸びを期待するのは難しいとの見方もある。来年は欧州の自動車ブランドから200モデルほどのEVが発売されるなど、競争の激化が予想されるためだ。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。