Go to Contents Go to Navigation

韓国から中国への渡航者 PCRと抗体検査での陰性証明必要に

記事一覧 2020.11.26 15:57

【北京聯合ニュース】在韓中国大使館などによると、中国は世界的な新型コロナウイルスの再流行を受け、韓国から中国へ向かう航空便の中国人・外国人乗客に対する入国規制を来月1日から強化する。乗客は搭乗前の2日以内に新型コロナのPCR検査と抗体検査を受け、この2種類の検査の陰性証明書を在韓中国大使館・総領事館に提出することが義務付けられる。

今年9月、仁川から北京に向かうチャーター機=(聯合ニュース)

 中国は今月11日以降、韓国から渡航する人を対象に搭乗前の48時間内に発給を受けたPCR検査の陰性証明書2枚の提出を義務付けている。だが、このところ韓国を含め世界中で新型コロナが猛威を振るっていることから、渡航者にPCR検査に加え抗体検査も要求することにしたようだ。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。