Go to Contents Go to Navigation

朝鮮通信使の足跡たどる動画 大阪韓国文化院と歴史博物館が30日公開

記事一覧 2020.11.29 08:21

【ソウル聯合ニュース】駐大阪韓国文化院と大阪歴史博物館が共同制作した映像「朝鮮通信使と大阪」が30日午後に特設サイト(osakakorea.com/onlinefieldwork2020)とユーチューブチャンネル(www.youtube.com/bunkainosaka)で公開される。

「朝鮮通信使と大阪」の特設サイト(同サイトより)=(聯合ニュース)

 映像は5部構成で、朝鮮王朝時代に日本に派遣された外交使節、朝鮮通信使の足跡をたどる。大阪歴史博物館の大澤研一館長が大阪に残る朝鮮通信使ゆかりの地を回りながら解説する。大阪に到着した通信使一行が川御座船に乗り換え京都に向かった風景は大阪だけで見ることができたため、映像の中でも集中的に紹介される。

 朝鮮通信使は1607年から1811年まで12回にわたり日本を訪問した。江戸に向かう途中、大阪にも立ち寄り、活発な交流を行った。

 大阪歴史博物館は、在日同胞で朝鮮通信使研究の先駆者である辛基秀(シン・ギス)氏が収集した絵画、びょうぶ、文書など約140点のコレクションを所蔵している。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。