Go to Contents Go to Navigation

家計貯蓄率が99年以降で最高に 新型コロナで消費低迷=韓銀見通し

記事一覧 2020.11.29 14:28

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)調査局が29日までに示した家計貯蓄率の見通しによると、今年の蓄額率は新型コロナウイルス流行の影響で1999年以降で最も高くなるようだ。

今年の家計蓄額率は1999年以降で最も高くなる見通しだ(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国の家計貯蓄率は1988年の23.9%をピークに、消費支出構造の変化や年金制度の拡大などの影響で2000年代半ばまでに急激に低下した。2002年には0.1%まで下がった。

 一方で、貯蓄率は経済危機が起きると一時的に大幅に上昇する。アジア通貨危機の影響で1997年に13.1%、98年には20.4%を記録した。

 このため今年は新型コロナ流行で対面サービス消費が冷え込んだことで、貯蓄率は10%前後まで上昇する可能性があると韓銀は見通した。

 その上で、貯蓄率上昇は消費不振の長期化を呼び、政府の内需喚起策の効果が弱まる恐れもあると指摘。「低成長、低物価、低金利が新常態(ニューノーマル)になる可能性もある」とし、構造的リスク要因を緩和する政策努力が必要だと提言した。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。