Go to Contents Go to Navigation

コロナ時代の新名所 韓国・パープル島に「ムーンブリッジ」=海外でも話題

記事一覧 2020.11.29 16:32

【ソウル聯合ニュース】新たな観光名所として話題の韓国南西部、全羅南道新安郡の「パープル島」に、島の間を結ぶ「ムーンブリッジ」が登場し、さらなる注目を集めている。

ムーンブリッジ(新安郡提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同郡が今年8月、紫色で彩った半月島と朴只島を「パープル島」として宣言して以降、ドイツの衛星テレビ最大手プロジーベンの番組や香港の旅行誌「ユーマガジン」で取り上げられるなど、パープル島は海を越え海外でも話題を呼んだ。

 新たに登場したムーンブリッジは韓国唯一の海上歩行橋で、浮き桟橋と、船舶が通過する際に開閉する可動式の海上橋からなる。全長416メートル、事業費は32億ウォン(約3億円)。

 同郡トップの朴禹良(パク・ウリャン)郡守は「新型コロナウイルス感染が再拡大する中、新安郡は清らかな環境で免疫力を高めるとの声が広がった。パープル島も非対面の観光地として好評を得ている」と話した。

パープル橋=(聯合ニュース)

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。