Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が思想事業強化 経済苦が背景か=韓国当局

記事一覧 2020.11.30 11:58

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の呂尚基(ヨ・サンギ)報道官は30日の定例会見で、近ごろ北朝鮮で「思想事業部門の強化」が頻繁に取り上げられる背景について、「思想事業の強化は経済的な環境が厳しいことによるもので、(新型コロナウイルスの感染防止のために)国境が封鎖され、内部ですべてを調達するしかない状況において生きるために思想事業を特別に強調しているのではないかと思う」と述べた。

北朝鮮の朝鮮中央通信は30日、金委員長が党本部で党政治局拡大会議を主宰したと伝えた(同通信ホームページから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 北朝鮮の朝鮮中央通信はこの日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が党政治局拡大会議を主宰したと報じた。会議では経済運営全般を批判し、来年1月の第8回党大会開催について議論したほか、党の領導(指導)体系と思想事業部門の強化に向けた党中央委員会の組織再編を承認した。

 呂氏は「今年は(政治局)会議がとても多いようだ」と言及した。金正恩政権下ではこれまで31回の政治局会議があり、そのうち11回が今年開催されたという。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。