Go to Contents Go to Navigation

感染者1日千人の可能性も 再生産数上昇に警戒=韓国当局

記事一覧 2020.11.30 16:48

【ソウル聯合ニュース】韓国防疫当局は30日、新型コロナウイルス感染拡大の勢いが続いた場合、今後1~2週間後には1日の新規感染者数が1000人に達する可能性があるとの見通しを示した。

鄭銀敬氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 政府の中央防疫対策本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長はこの日の定例会見で、1人の感染者が何人に感染させるかを示す実効再生産数が先週1.43を記録したとし、「これは『1人が1.5人に感染させ続ける』という意味であり、1以下が維持されない限り、流行の規模が大きくなり続ける」と指摘した。

 その上で、「単純計算すれば指数が1.43の場合、1~2週間後の感染者は多ければ700~1000人発生する可能性がある」と説明した。

 感染症の専門家らは、感染拡大の「第3波」が始まって以降、1日の新規感染者数が1000人以上出る可能性があると警告したが、防疫当局の責任者が実効再生産数に基づいて同様の可能性に公式に言及したのは今回が初めて。

 ただ鄭氏は、ソウルなど首都圏で先週から防疫対策「社会的距離の確保」のレベルが第2段階に引き上げられ、そのほかの地域は12月1日から第1.5段階に引き上げられるため、人と人の接触が減り、実効再生産数が下がって感染者数が減るだろうとも指摘した。

 鄭氏は「1月から11カ月にわたり新型コロナに対応し、多くの危機を経験してきたが、今年の冬が最大の山場だと考える」とし、「寒くて乾燥した冬期には環境条件がさらに悪くなり、市中にまぎれた無症状・軽症の感染者は増加し、これまでになく感染リスクが高い状況」と懸念を示した。

 また「現在の危機状況を克服できなければ、これまで11カ月のすべての努力と犠牲が水の泡になる可能性がある」とし、集まりを減らし、症状がある人はできる限り早く診断・検査を受けるよう呼びかけた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。