Go to Contents Go to Navigation

在韓米軍の駐留経費「速やかな合意へ協力」 韓米が大統領選後初協議

記事一覧 2020.12.01 10:01

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は1日、韓国と米国が2020年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担を決める協議を先月30日にテレビ会議形式で行い、状況を点検したと発表した。

米国との交渉に出席した鄭恩甫・韓米防衛費分担交渉代表(外交部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 外交部によると、鄭恩甫(チョン・ウンボ)韓米防衛費分担交渉代表と米国務省のダーナ・ウェルトン防衛費分担交渉代表は、公平で相互に受け入れ可能な合意を速やかにまとめるため、緊密に協力していくことで合意した。

 協議には両国の交渉代表のほか、韓国外交部・国防部、米国務省・国防総省の関係者が出席した。

 外交部の当局者によると、今回の協議は米大統領選を巡る不確実性などにより米軍駐留経費負担に関する対話に長期間の空白が生じているなか、両国の交渉団が現在の状況を点検し、認識を共有するために開かれた。

 韓米は今年1月から適用される駐留経費負担に関する特別協定(SMA)締結に向け、昨年9月から交渉してきたが、今年3月に米ロサンゼルスで7回目の協議が開かれて以降は進展がない状態だ。

 双方は韓国の昨年の負担額(1兆389億ウォン=約980億円)から約13%引き上げる案に暫定合意したが、トランプ米大統領がそれ以上の増額を求めてこの案を拒んだことで合意に至らず、7月には米国側の交渉代表も交代した。

 両国はこれまで意思疎通を続けてきたが、公式協議を行ったのは米大統領選以降初めて。新政権において、米国側の交渉チームの構成に大きな変化がないとの予想も協議の実施を後押ししたようだ。

 韓国政府の内外からは、バイデン新政権で駐留経費負担に関する交渉が順調に妥結に至るのではないかとの期待も出ている。

 交渉が進まない原因がトランプ氏個人にあったことに加え、バイデン氏がトランプ氏の一方的な振る舞いで疎遠になった同盟関係の回復を強調しているため、無理な要求はしない可能性が高いとの見方からだ。

 米国経済が停滞しており、米民主党内にも同盟国が適正な費用を分担すべきだとの意見もあるが、3月末の暫定合意案を超える要求は行われない見通しだ。

 韓国政府は「公平で相互受け入れ可能」という条件さえ満たせばトランプ政権の残り任期中に交渉が妥結できるとの立場だが、大統領選の結果を不服として法廷闘争を続けているトランプ氏が駐留経費問題に関心を持つ可能性は低いとみられる。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。