Go to Contents Go to Navigation

IHO新海図 海域の数字表記が確定=「日本海」主張は困難に

政治 2020.12.01 13:50

【ソウル聯合ニュース】世界の海の名称の指針を定める国際水路機関(IHO)の加盟国が、先月半ばに開催されたIHO総会の議事録の確認を終えた。総会では、世界各国が海図を作成する際の指針とするIHO刊行の図誌「大洋と海の境界」のデジタル版をつくり、各海域を名称ではなく数字で表記するとしており、加盟国による議事録確認でこれが確定した。韓国海洋水産部が1日、伝えた。日本は現行版の表記を根拠に東海を「日本海」と主張してきたが、今後は難しくなる。

IHOは11月16~18日、テレビ会議形式で総会を開いた(韓国海洋水産部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 IHOは「大洋と海の境界」の1929年初版から53年刊行の現行の第3版まで東海を「日本海」と単独表記してきたが、新たに作成するデジタル海図ではすべての海域名称を数字表記に置き換える。現行版については、アナログからデジタルへの歴史的な変遷を示すために廃刊にはせず、出版物のみで公開することにした。

 韓国の海洋水産部と外交部はデジタル海図の作成と普及に積極的にかかわっていく構えだ。

 海洋水産部は、デジタル海図の作成は決定したものの普及の段階で従来の海域名称が引用される可能性もあるとして、「東海」引用を働きかけていく方針を示した。例えばデジタル海図で東海を指す数字をクリックすると属性の詳細説明が表示される仕組みになる場合、説明文の中に「日本海」ではなく「東海」と表記されるようにしたい考え。

 外交部は引き続き各国の政府と民間を対象に東海表記を働きかける。在外公館と関係機関によるチェック機能を設けるなど、インターネット上で東海表記を浸透させるための活動にも全方位で取り組む予定だ。

 このほか、IHO総会で韓国が提案した「IHO eラーニングセンター」の構築も確定した。これはIHOと加盟国の技術者などが利用するオンライン教育システムであり、韓国はインフラ構築などの主導を構想している。 

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。