Go to Contents Go to Navigation

ベルリンの少女像 区議会が永続設置を議論へ

韓日関係 2020.12.02 09:36

【ベルリン聯合ニュース】ドイツの首都ベルリン市のミッテ区議会は1日(現地時間)、旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」の永続的な設置に向けた決議案を賛成多数で可決した。韓国系市民団体が9月末に区内に設置した少女像について、当初は来年8月14日までとしていた設置期限を同年9月末まで延長すること、区議会が参加して永続設置を可能にするための方策を講じることを盛り込んでいる。

ミッテ区内に設置された少女像の碑文を読む市民(資料写真)=(聯合ニュース)

 採決には区議員29人が参加し、24人が賛成、5人が反対した。連立政権の一角を担う社会民主党(SPD)、緑の党、左派党の主要3党の議員が賛成票を投じた。

 緑の党とともに決議案を提出した左派党議員は「平和の少女像は第2次世界大戦中の韓国女性に対する日本軍の性暴力という具体的、歴史的な事実に基づく」と指摘。少女像の永続設置を議論する中で、戦時や紛争下の性暴力を構造的な問題としてとらえるよう促した。

 ミッテ区は昨年7月、少女像が戦争被害女性の人権に関する国際的な問題であることを認めて設置を許可。韓国系市民団体「コリア協議会」が中心となり、今年9月末に少女像が設置された。だが、日本側がドイツ政府とベルリン州政府に抗議したことを受け、区は10月7日に撤去を命じた。コリア協議会が効力停止の仮処分を申し立てると、区はひとまず保留とし、区議会は11月7日、撤去命令を撤回する決議案を採択した。

 コリア協議会のハン・ジョンファ代表は「永続設置に向けた議論が始まるということは、ベルリンに少女像を永遠に存続させるための大きな一歩を踏み出すことになる」と述べた。戦時下の女性に対する性暴力について討論を始めるという点でも歴史的に意味があると評価した。

 この日、区議会前には韓国人やドイツ人など約30人が集まり、少女像の永続設置を求めてろうそくを掲げた。

ミッテ区議会前で集会を開く人たち=1日、ベルリン(聯合ニュース)

 mgk1202@yna.co.kr

最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。