Go to Contents Go to Navigation

韓国中部の養鶏場で高病原性鳥インフル 家禽農場で今年2例目

記事一覧 2020.12.02 12:35

【ソウル聯合ニュース】韓国中部・慶尚北道尚州市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生したことが2日、分かった。

慶尚北道尚州市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生した(イラスト)=(聯合ニュース)

 慶尚北道は、高病原性鳥インフルの疑いが報告された同養鶏場で採取した試料を精密検査した結果、高病原性(H5N8型)と確認したと発表した。

 今年に入り国内の家禽(かきん)農場で高病原性鳥インフルの発生が確認されたのは、先月の全羅北道井邑市のカモ農場に続き2例目。

 防疫当局はこの養鶏場への出入りを規制し、飼育している採卵鶏18万8000羽を殺処分した。半径3キロ以内にある農場の家禽類も殺処分する予定だ。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。