Go to Contents Go to Navigation

11月の輸入車販売が今年最多 日本車は15.7%減=韓国

記事一覧 2020.12.03 12:35

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会は3日、11月の輸入乗用車の新規登録台数は2万7436台で前年同月比7.5%増加したと発表した。新型コロナウイルスの影響が長引く中でもメルセデス・ベンツなど人気ブランドの新車発売を追い風に販売台数を伸ばし、単月では今年最多を記録した。一方で、日本車の販売は前月に続き減少した。

ベンツが10月に発売したセダン「Eクラス」の新型(メルセデス・ベンツ・コリア提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 11月に最も売れ行きが良かったブランドはメルセデス・ベンツで7186台。前年同月比6.0%増加した。BMWが5551台、アウディが2906台、フォルクスワーゲン(VW)が2677台、ボルボが1267台などと続いた。

 日本車の販売は1987台で、15.7%減少した。8月以降、回復傾向にあったが、10月に12.2%減に転じたのに続き、11月もマイナスとなった。高級ブランドのレクサス(トヨタ自動車)が951台と83.2%伸びた半面、トヨタは20.1%減の623台にとどまった。ホンダも8.8%減の413台。

 輸入乗用車の1~11月の累計販売は24万3440台で、前年同期比13.4%増加した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。