Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BTS ビルボードの年間「トップアーティスト・グループ」初の1位

芸能・スポーツ 2020.12.04 14:22

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)が、米ビルボードの年間決算チャートの「トップアーティスト―デュオ/グループ」部門で初めて1位にランクインした。ビルボードが3日(現地時間)、ホームページで発表した。

BTS(所属事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ビルボードは1年間に最もヒットしたアルバムや曲、アーティストなど各部門の年間チャートを毎年発表しており、今回の年間チャートは昨年11月23日から今年11月14日までのチャートの成績を基にしている。

 BTSは、「トップアーティスト―デュオ/グループ」部門で2017~19年まで3年連続で2位を記録した。

 ビルボードは「米国出身ではないグループが同部門にランクインしたのは14、15年のワン・ダイレクション(英国・アイルランド出身)以来初めてだ」と説明した。

 BTSは、今年の「トップアーティスト」の総合では18位に入った。SNS(交流サイト)での影響力を示す「ソーシャル50アーティスト」では4年連続の首位となった。

 また、ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で1位を記録した「Dynamite」は、年間シングル総合チャート「ホット100ソングス」でも38位に初ランクインした。

 年間チャートの「デジタルソングセールス」でも「Dynamite」が1位となり、今年2月にリリースした4枚目のフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」のタイトル曲「ON」も44位に入った。

米NBCテレビのトーク番組「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン」でステージを披露するBTS(所属事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 このアルバムは、年間アルバム総合チャート「ビルボード200アルバム」で20位を記録。発売当時にはメインアルバムチャート「ビルボード200」で初登場1位に輝いた。

 「MAP OF THE SOUL:7」は、ストリーミング換算値などを除いたアルバム販売枚数による「トップアルバムセールス」ではテイラー・スウィフト、ハリー・スタイルズに次いで3位にランクインした。

  ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 芸能・スポーツ
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。