Go to Contents Go to Navigation

韓国・ソウルの「除夜の鐘突き」 初めて中止に

記事一覧 2020.12.06 15:55

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市は6日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため鍾路区の普信閣で大みそかの夜に行われる「除夜の鐘突き」を中止すると発表した。1953年の開始以来、中止になるのは初めて。

今年の除夜の鐘突きの様子(写真共同取材団)=(聯合ニュース)

 市は「除夜の鐘突き」について、市民の安寧と和合を願い毎年開催してきたが、新型コロナの感染が広がる今年は市民の健康を第一に考えイベントは開催せずオンラインで実施すると説明した。オンラインでの実施とは事前に制作した映像を大みそかから元日にかけて放映するもので、例年のようなイベントは開催しない。

sarangni@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。