Go to Contents Go to Navigation

ソウルの新規感染者数 防疫対策引き下げ後の6週で13倍に

記事一覧 2020.12.07 11:48

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が10月半ばにソウル市に対する新型コロナウイルス防疫対策「社会的距離の確保」のレベルを最も低い第1段階に引き下げた後、これまでの6週間で同市の新規感染者数が13倍に急増したことが、聯合ニュースによる資料分析で明らかになった。

ソウル市銅雀区内の保健所に設置されている新型コロナウイルス検査の専用診療所。市民が検査の順番を待っている=6日、ソウル(聯合ニュース)

 ソウル市の社会的距離確保のレベルは10月12日に第1段階に引き下げられた。直後の1週間(10月18~24日)に同市の新規感染者数は1日平均17.0人だったが、次の1週間(10月25~31日)は35.6人と2倍近くになり、翌週(11月1~7日)も38.6人に増えた。

 政府は11月7日から、従来3段階に分けていた社会的距離確保のレベルを5段階に細分化し、全国のほとんどの地域を第1段階とした。直後の週(11月8~14日)にソウル市の新規感染者数は1日平均58.1人に急増。続く2週も111.3人、162.7人に増えた。直近1週間(11月29日~12月5日)は221.9人と、200人を上回った。

 この間に政府はソウル市を含む首都圏の社会的距離確保のレベルを強化している。11月19日に下から2番目の第1.5段階、24日には第2段階にそれぞれ引き上げた。多数の感染者が出たサウナやエアロビクス教室など首都圏の一部施設については12月1日から、防疫を強化した「第2段階プラスアルファ」の措置を取った。だが、新規感染者の増加に歯止めがかかっていない。

 政府は8日に、首都圏の社会的距離確保レベルを上から2番目の第2.5段階に引き上げる。専門家からは、感染者の増加ペースが加速している今の状況ではこの対策でも不十分との意見も上がる。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。