Go to Contents Go to Navigation

法相と検事総長の対立で国民に謝罪 権力機関改革へ改めて意欲=文大統領 

記事一覧 2020.12.07 15:41

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は7日、青瓦台(大統領府)で開かれた首席秘書官・補佐官会議で、秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官と尹錫悦(ユン・ソギョル)検事総長の激しい対立が続いていることについて「政局の混乱で国民に心配をかけ、大統領として大変恐縮している」と述べた。

首席秘書官・補佐官会議に出席した文大統領=7日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領が国民への公開発言で謝罪したのは、昨年、チョ国(チョ・グク)法務部長官(当時)の家族らの不正疑惑が物議を醸して以来約1年ぶり。

 一方、文大統領は「現在の混乱が長く続かず、民主主義と改革のための最後の陣痛になることを切に望む」とし、任期内の最優先課題である権力機関の改革は努力が結実する最後の段階に入ったとの認識を示した。

 また、情報機関の国家情報院、検察、警察などの権力を分散させるための改革立法成立と検察に代わって高官らの不正を捜査する「高位公職者犯罪捜査処」の発足を望むと強調した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。