Go to Contents Go to Navigation

ソウル市民が望む次期市長は? 女性閣僚が僅差でトップ=韓国調査

記事一覧 2020.12.07 19:21

【ソウル聯合ニュース】次期ソウル市長に誰がふさわしいかを問う調査で、朴映宣(パク・ヨンソン)中小ベンチャー企業部長官が18.7%を記録し、羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)前国会議員の16.9%を上回ったことが7日、分かった。

朴映宣氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 世論調査会社のリサーチアンドリサーチなどが4~5日に、満18歳以上のソウル在住者826人を対象に行った調査で、朴氏が1位、羅氏が僅差で2位だった。次いで、与党「共に民主党」の朴柱民(パク・ジュミン)国会議員が7.9%、超恩禧(チョ・ウンヒ)瑞草区長が6.7%、最大野党「国民の力」の尹喜淑(ユン・ヒスク)議員が4.3%、李恵薫(イ・ヘフン)前国会議員が4.2%と続いた。

 ただ「ふさわしい候補がいない」が7.1%、「よく分からない」が21.2%となり、約30%が誰も選ばなかった。

 ソウル市長補選への不出馬を表明した野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表、呉世勲(オ・セフン)元ソウル市長、劉承ミン(ユ・スンミン)前国会議員は調査の対象に含まれなかった。

 朴元淳(パク・ウォンスン)氏の死去に伴うソウル市長補選は来年4月に実施される。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。