Go to Contents Go to Navigation

文大統領 CPTPPへの加盟検討を表明

記事一覧 2020.12.08 11:59

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、「貿易の日」の記念式典で演説し、「(新型)コロナ以降、回復する市場を先取りするため全ての国が激しく競争し、保護貿易の風が吹き荒れると思う」との認識を示した上で、「市場の多角化を必ず実現しなければならない」と述べ、「環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定(CPTPP)」の加盟を検討していく考えを明らかにした。

ソウルの総合展示場・COEXで開かれた「貿易の日」記念式典で演説する文大統領=8日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領がCPTPPへの加盟に言及するのは初めて。

 米国はオバマ政権時代、中国を排除し、日本やオーストラリア、カナダなど重要同盟国と友好国を中心にTPPをまとめた。だが、トランプ政権が保護主義的な姿勢を強め、TPPから離脱し、日本などが新たな枠組みとして発足させたのがCPTPPだ。

 韓国は先月、中国が積極的に参加している東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に署名した。今回は米国が復帰を検討しているCPTPPに加盟する可能性を示唆し、注目を集めそうだ。専門家らは韓国が米中対立の板挟みになるリスクを最小化するためには、RCEPとCPTPPの両方に加盟する必要があるとの意見を示している。

 文大統領は式典で、「新南方・新北方の諸国を中心に自由貿易協定(FTA)ネットワークを一層拡大していく」として、「年内にインドネシア、イスラエルとのFTAをまとめ、インド、フィリピン、カンボジア、ウズベキスタンとのFTAも加速させる」と表明。「中国、ロシアと進めているサービス投資FTA交渉を通じ、韓流コンテンツの輸出と知的財産権の保護を拡大する。巨大な中南米もさらに近い市場にする」との方針を示した。

 また、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出を実質ゼロにする炭素中立(カーボンニュートラル)を目指す計画について、「輸出企業もエネルギー転換を成し遂げなければならない」とし、「政府も『グリーン・ニューディール』を通じて支援する」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。